エクステリアのスタイル

機能と好みで選ぶ3つのスタイル

オープンスタイル

郊外など敷地に余裕があり、近隣との距離がある場合、こういったオープンスタイルを楽しむことが可能です。
四季折々の花やベンチなどでお茶を楽しむこともでき、休日を楽しく演出してくれます。

クローズドスタイル

市街地などにお住まいの場合、近隣との距離があまりなく、プライバシーを守るためや、安全など防犯対策に必要なお住まいのスタイルとなります。

セミオープンスタイル

住宅地など、オープンスタイルやクローズドスタイルをうまく取り入れたスタイルです。オープン過ぎず、快適な空間を取り入れることができます。

エクステリアのアイテム

個性を引き立たせ、印象をかえる演出道具
オープンスタイルでも、クローズドスタイルでもアイテムを使うことによってその住まいごとに個性を演出することが可能です。
敷地にあまり余裕がなくても門まわりの表札やライトを取り入れるだけで随分変わることができる、そんなアイテムをぜひご活用下さい。

門まわりアイテム

門柱・門扉

門柱は外と内との境界でよくレンガや木材、石などの素材がよく使われています。門扉は最近のものはあまり高さがなく、曲線のものも人気があるようです。これらは建物の外壁などの調和が非常に重要です。

表札

オーダーメイドや手作りのものなどが流行っています。どんな素材でも加工可能なのでお好きな素材を取り入れられます。

ポスト

エクステリアにこだわる人のポストはおしゃれなポストが。最近では輸入ポストを置く家が増えているようです。

門灯

趣のある電球で照らされた夜の演出として人気があります。門まわりだけでなく、ガーデン内での利用もキレイです。

ガーデン

テラス

余裕のある敷地内では、単なるガーデンではなくその空間を大いに利用し、テラスを設置。休日の午後、家族やお客様とお茶を楽しむ場と海外スタイルを取り入れる方が増えています。

立水栓

実用性のある簡素なものから、近年エクステリアとして見せるという方向でデザインも増えてきました。

デッキ

樹脂・木製と素材を選び、フェンスやステップを設けてライフスタイルに合わせて自由に仕上がります。

間接照明

夜のガーデンをひときわ盛り上げてくれるアイテムです。門柱だけでなく、ガーデンにも利用される方が増えてきました。

駐車スペース

ガレージ、収納

自転車やスタッドレスタイヤ、園芸用具など室内におくことができない物を収納するため、用途に合わせたサイズや位置など、景観なども踏まえて設置されると、とても便利です。

ゲート

防犯上クローズドタイプ仕様で用いられるゲート。引き戸や伸縮門扉やアップゲートなど、ご希望に合わせてデザインや機能性も考慮してご提案させて頂きます。

カーポート

使いやすさだけを優先しがちなカーポートですが、立派なエクステリアの一部です。配置やデザインで他のエクステリアの魅力を引き出します。また、お使いでないときどのように見せるかも重要視されています

PAGE TOP
インスタ 写真 保存 books on zlibrary